×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[vip将棋講座top] 初級講座 [基本的な囲い] [基本的な戦法] [基本的な手筋]

基本的な戦法


玉を安全にする囲いとともに重要なのが、戦法です。 どのような戦法で戦うのかを考えなければなりません。 戦法は囲いと同じようにたくさんありますが、大きく分けて2つに大別されます。 一つは居飛車戦法と呼ばれるもので、飛を最初の居る位置から動かさずに 戦う戦法のことです。 もう一つは、振り飛車戦法と呼ばれるもので、飛を左(5筋より左)に振って 戦う戦法のことです。 ですので、相居飛車、居飛車対振り飛車、相振り飛車の3つのパターンに別れます。

矢倉すずめざし戦法矢倉棒銀戦法右四間飛車戦法四間飛車戦法相振り飛車戦法

矢倉すずめざし戦法

香の下に飛を持って行き、角と桂も使って、矢倉の弱点である端を 一点集中で狙う戦法です。決まると破壊力満点です。

矢倉すずめざし戦法

矢倉棒銀戦法

銀を飛の筋から出して行き、端と3筋を狙いつつ、相手の守備の銀との交換を目標とします。 すずめざしと比べると柔軟性のある戦いができます。

矢倉棒銀戦法

右四間飛車戦法

相手が居飛車、振り飛車によらず、使うことのできる戦法です。 飛、角、銀、桂の使いやすい戦法なので、わかりやすく攻めることができます。

右四間飛車戦法

四間飛車戦法

振り飛車の中でも最もバランスの取れた戦法です。 囲いは美濃囲いで堅く、攻めも銀が使いやすいです。 居飛車の急戦にも飛車道と角道を同時に開ける手で、 対抗することができます。

四間飛車戦法

相振り飛車戦法

お互いに振り飛車の時、あらわれる戦法です。 似たような陣形になりやすく、攻めの手がかりを得るのが難しいです。 角の働きがポイントとなる戦法です。

相振り飛車戦法

[vip将棋講座top] 初級講座 [基本的な囲い] [基本的な戦法] [基本的な手筋]